豊田真之トリオ

10/9(月・祝)出演 LIVE

2008年に早稲田大学映画研究会で出会った豊田真之・中村太紀による2人組。互いに映像・映画製作を経て、世田谷区は祖師ヶ谷大蔵の一軒家で共同生活を始めたことを契機としてバンドを結成。当初は3人編成だったが、ドラムの脱退を経て現在の2人編成になる。
独自のポップさを持った日本語の楽曲たちを、ライブではクラシックギター・ベース・歌・コーラスというシンプルな編成で構成し、バンドとしての音の「余白」を意識した演奏をテーマとしている。2016年9月、1st Full Album『海までそして海から』(NHK Eテレ『2355』使用曲「山」収録)をリリース。2017年1月、IID世田谷ものづくり学校にてアンプラグドの企画ライブ「静かな音楽会 Vol.1」を開催。現在、都内を中心に活動中。


Time
14:30-14:50
Place
校庭

好きなパンはなんですか?

子供の頃、好きな食べ物は?と訊かれたら食パンと答えていました。今でも無類の食パン好きです。[豊田] 食パン[中村]

世田谷の好きなところはなんですか?(思い出・好きな場所etc..)

下北沢が好きです。初めて下北沢に来たとき、パジャマでも歩けそうな不思議なアットホーム感に包まれたのを覚えています。中でもトロワ・シャンブルという喫茶店が大好きで、曽我部恵一さんの「3つの部屋」という曲のモデルとして知って以来、10年来通っています。[豊田] トロワ・シャンブルという下北の喫茶店。[中村]