三宿三色パンコンテスト

開催エリア ” 三宿” の「3」にちなみ、名ベーカリーがグランプリを目指して競演する「三宿三色パンコンテスト」。今年は12店舗のベーカリーが参加し、世田谷パン祭り限定のおいしい「三宿三色パン」をイベント当日各店のブースで販売するほか、パンの専門家と来場されたみなさんに投票をいただくコンテストを実施し、グランプリと各賞を決定します。来場者のみなさんも審査員になって「三宿三色パン」を食べ比べ。みんなで今年のグランプリを選びましょう。

投票してくださった方の中から抽選で3名様に公式オリジナルグッズのハンカチ「ブレッドクロス2018」をプレゼントします。

ブレッドクロス2018
http://htokyo.com/%E6%89%B1%E3%81%84%E5%BA%97%E8%88%97%E5%87%BA%E5%BA%97/12550/

パン工房プクムク
三宿三色パン
富士山の日の出焼きそばパン

日本のシンボル富士山と、太陽を赤と白と青で表現しました。日本人なら子どもも大人も大好きな焼きそばを中に入れ、見ても食べても日本を感じるパンになっています。

原材料

三色パンと限定パン
赤:海老、紅しょうが
白:クリームチーズ
青:青のり
その他:焼きそば、キャベツ、ベーコン、玉ねぎ、小麦粉、全粒粉、素炊糖、塩、イースト、天然酵母、ショートニング(水素無添加)

エピソード

初めての3色パンのチャレンジで、まずは、クリームにフルーツ等をのせて3色にしたのですが、愛する奥さまにダメ出しされ、その次に、富士山の形にしたパンの中身を愛する娘にダメ出しされ、なんとかこの形になりました。
家族、スタッフ、お客様のおかげです。いつも、ありがとうございます。

ブーランジェリーボヌール
三宿三色パン
三色しょこら

ジャパンがコンセプトということで、日本の代表的なパンはやわらかい生地にフィリングの入ったパンだと思い、
ボヌールを代表する菓子パン「ショコラ」を三色にアレンジしました。抹茶と桜色で日本を表現しています。

原材料

白:プレーン生地、ダークチョコチップ
ピンク:ラズベリー生地、ホワイトチョコチップ
緑:抹茶生地、ホワイトチョコチップ、ダークチョコチップ

エピソード

チョコチップは、温めるととろーり、そのままだとザクザク食感が楽しめます。意見の分かれる二つの食べ方。この機会に是非両方の食べ方を試してみてください♪

Boulangerie Puku-gari
三宿三色パン
米粉三色チョコパン

小麦アレルギーになってしまった妻のために、国産米粉100%の米粉パンを作り、再び美味しいパンを食べてもらいたい!というコンセプトで考案しました。

原材料

3つのチョコ使用 ⇒ ビターチョコ、抹茶チョコ、苺チョコ。抹茶チョコを使用することで、和風を強調。

エピソード

7年間共にパン屋を営んできた妻が、今年突然、小麦アレルギーを発症。このことがきっかけとなり、米粉パンの開発を始動。半年に及ぶ試行錯誤の末、ついに完成!偶然にも、今年のテーマ『日本』と一致し、日本のコメ文化をパンの世界にも広めたいと考えた。この機会に、ぷくがり初!米粉パンをご賞味あれ!

おすすめの食べ方

米粉パンは時間が経つと固くなるので、レンジで10秒程温めると、米粉特有の、もっちりとした食感が戻ります。

これだけは伝えておきたいポイント

この商品は100%米粉パンのグルテンフリーではありますが、小麦・卵・ごまなどアレルギー食品を含む共通の設備で製造しています。

ドイツパンの店タンネ
三宿三色パン
オバケトリオ

ドイツパンといえば硬派なモノを思い浮かべるかと思います。ですが、日本は海外から入ったものをアレンジするのがとても得意。今回はドイツ伝統製法で焼くパンの、日本風”カワイイ”アレンジを試みました。

原材料

マーブルチョコ・かぼちゃ種・レーズン

作成してみてのエピソード

時期的にも、ハロウィンのキャラにしよう!オバケ3匹とかいいね~!となりましたが、いざ成形をしてみるとオバケっぽく見せるのが難しい。手の所なんて角みたいになるし、なんだか見る角度によっては別の動物にも見える…。可愛く可愛く…としていくうちに今の形に収まりました。

おすすめの食べ方

生地は小麦100%。少し甘みがあり、お子様でも非常に食べやすいパンです。そのままでもいいですが、トースターで少し焼きますと風味が増します。ジャムやピーナツクリームとの相性も抜群なのでお好みに合わせてカットをして、ジャムサンド等色々なアレンジをお楽しみください。

これだけは伝えておきたいポイント

ドイツ人マイスターと、その指導を受けた職人が焼いており、見た目は可愛いですが25年のノウハウが詰まった本格ドイツパンです。三匹(?)の表情を楽しみながら、しっかりと”退治”してくださいね。

てまりパン
三宿三色パン
よくばりジャパン

3つの味を楽しめるという三色パンのお買い得感を最大限に生かし、そして、インスタ映えする見た目にも驚くパンにしようと思い作りました。もちろん、粉や材料も国産にこだわりました。

原材料

メロンパン
あんぱん
コッペパン

エピソード

3つのパンを一つにしているので、発酵時間の取り方や成形の大変さなど、問題点は多かったです。でも、日本のパンといったらこれ!という3種類のパンが一つになったパンなんて見たことないと思い、それがすべて味わえたらたのしいかなと思い、試行錯誤してがんばりました。

Signifiant Signifié×昭和女子大学現代教養学科
三宿三色パン
noir jaune blanc(ノワール ジョンヌ ブラン)

今年のテーマ「ジャ・パン」にかけ、日本の伝統文化である竹炭を使いました。竹炭の利用は、「竹害」という社会的課題の解決と森林保護に貢献します。竹炭の黒、かぼちゃの黄、チーズの白で三色を表現しました。

原材料

三色パンと限定パン
竹炭:孟宗竹(宮崎県産)
カボチャペースト(北海道産)
パルミジャーノ(イタリア エミリア ロマ―ニャ地方)
上記のパルミジャーノチーズは三宿四二〇商店会に加入している「ランマス」様より仕入れています。

エピソード

秋の味覚である甘いかぼちゃと濃厚で豊かな風味のチーズが融合したインパクトのある黒いパンです。常温ではもちろん、温めたり、蜂蜜をつけたり、自分なりのアレンジを加えるのもお勧めです。半分に切ると、名前の通り黒・黄・白の3層が色鮮やかです。目で楽しみ舌で味わいながら、あなただけの食べ方でお楽しみください。

おへそカフェ&ベーカリー
三宿三色パン
瀬戸内 × スペイン

日本らしいパンのひとつ、かつ当店リピート率No.1の「食パン」を三色にアレンジ。地元「瀬戸内」のうまいものと、オーナー フランクの故郷「スペイン」のうまいものとを掛け合わせました。

原材料

いよかん&キャロブ:
有機伊予柑ピール(愛媛県)、有機キャロブパウダー(スペイン)

味噌胡桃&サフラン:
味噌(広島県世羅町)、有機クルミ(米)、サフラン(スペイン)

海苔&アーモンド:
海苔(瀬戸内)、有機アーモンド(スペイン)

食パン生地共通:
小麦粉(熊本県), 全粒粉(広島県世羅町), 天日湖塩(豪), 湧水(広島県世羅町)

おすすめの食べ方:

冷凍で1ヶ月ほど保存可能。トースター等で温めていただくと焼きたての風味がよみがえります。

これだけは伝えておきたいポイント:

当店リピート率No.1の食パンは、乳・卵・糖類などを加えず、材料は「粉・塩・水のみ」。自家栽培小麦と湧水で創業から大切にかけ継ぐ酵母には、乳酸菌など野生菌がいっぱい。通常の20〜30倍の時間をかけてじっくり発酵させ、アミノ酸や酵素など天然の旨み成分がギュッと詰まったどっしり生地です。

トライベッカ・ベーカリー
三宿三色パン
Japanベーグル

国産小麦粉使用で、みそ、しょうゆ、酒粕の3種類の調味料・食材をピックアップ。日本になじみのある物を使って海外のイメージが強いベーグルを、Japanにイメージチェンジ!

原材料

味噌・醤油・酒粕

エピソード

表面に霧吹きで水をつけて、トースターで焼いてください。醤油の香ばしさ、味噌のコク、酒粕の甘さが味わえるかと思います。食事の付け合わせにも合いますが、魚の照り焼きやフィッシュカツをサンドしてサンドイッチにしても美味しい!

Boulangerie Convivialite
三宿三色パン
茶席の『和菓子パン』

茶道と縁の深い茶席菓子の様に日本の四季を目でも楽しめる新感覚のパン。逆転の発想で餅餡やういろうでパンを包み和風にしました。パサつくパンをお酒に漬けてしっとりジューシーにして和菓子と一体化させました。

原材料

(1)吉野山
3色のういろう皮でパンを包んでいます。桜の花が山のふもとからだんだん上に咲き上ってゆくいく様を表しています。桜リキュールで漬け込んだサワーチェリー入りのしっとりパンを桜餡で包餡しています。

(2)栗の茶巾絞り
栗だけを贅沢に使った餡の中に甘露煮入りパンが入っています。ラム酒でしっとりした生地が栗と馴染み秋の実りを感じる一品です。

(3)りんご
白ワインに漬け込んだリンゴチャンク入りのしっとりパンをリンゴ味の練り切りで包んでリンゴの形にしました。

エピソード

日本固有の文化である茶道では、お茶の味を引き立てる菓子は欠かせないものです。パンで和菓子のように日本の四季を表し、見ても食べても美味しいパンを目指しました。しかし、常識的なパンでは茶の湯との相性が悪く苦労しました。常識にとらわれないパンを餡で包む事でやっと和菓子の様な記憶に残るパンになりました。

honjimabakery
三宿三色パン
3色のシナモンロール

今年のジャパンをテーマに日本らしい宇治抹茶を使った緑、フランス産チョコレートの茶、ヴァニラを使った白で、シナモンと胡椒の効いた和洋のアクセントのあるジャパン3色のシナモンロールです。

原材料

父母が浜の天日塩、
淡路島牛乳、高千穂バター、平飼い卵、シナモン、ヴァローナチョコレート、宇治抹茶パウダー、胡桃、ラム酒漬けレーズン、黒胡椒など

エピソード

1種類づつで作成するより複雑な味が楽しめたこと/おすすめの食べ方:食べる前に少し温めてください/これだけは伝えたいポイント:それぞれが個性のあるパンを1つで3度おいしく食べられるパンです。

パン・アトリエ クレッセント
三宿三色パン
みっつのぱん

玄米パン、全粒粉パン、味噌のパンの生地に、それぞれ違うテイストのはちみつを包んで、 それぞれの生地の上に、マドレーヌ生地(プレーン 落花生、味噌マドレーヌ、)をかけて焼き上げる、ソフトな三色パン。三種のはちみつを入れているから、「みつのぱん」(笑)

原材料

ベースのパン生地:玄米(ライスジュレの玄米ジュレ:お米の新素材、龍ヶ崎の隣町河内町産)、全粒粉(牛久市安部農園の無農薬ゆめかおり全粒粉)、味噌(龍ケ崎製造の田舎味噌)をそれぞれ練り込んだテーブルロール、はちみつ(つくば市山田はちみつのはちみつ(くり、とち)を予定。マドレーヌ生地に落花生(茨城産)、みそ(龍ケ崎産)、はちみつを使用。

エピソード

はちみつをいかに中に入れて焼き上げるかに頭を悩ました結果、寒天を使って固めて入れることにしてます。そのまま、日本茶が合うパンだと思います。見た目はお団子(みたらし団子?)みたいな和風のパンに仕上げています。

ベッカライカフェ・リンデ
三宿三色パン
バナナブロート

ライ麦を使った3種類のフルーツを入れたほんのり甘いパン(今回は所謂、ドイツパン(例:食事パン)を久々にとりあげました)

原材料

①バナナ、②クランベリー、③無花果

エピソード

兎に角 食べやすいパン(ブロート)に徹して!そのまま食べても軽くトーストしても旨い!