BREAK BREAD

世田谷パン祭りは、今年で10年目を迎えます。

このイベントがはじまった2011年は、東日本大震災がありました。
未曾有の災害を経験し、あるいは目の当たりにして、
自らの生き方を省みた人は多かったのではないでしょうか。
わたしたちはパンを通して、日々の暮しの中にある豊かさや楽しみ、
食べることの大切さを、多くの人と共有したいと考えていました。

そして10年目の2020年、
世界が新型ウイルスのパンデミックに見舞われ、
社会全体が様々な変化に晒されています。
特殊だと思われた状況が次第に日常となり、
わたしたちは再び自らの生活と向き合うことになりました。

世田谷パン祭りの想いは、10年前と変わっていません。
多くの人とパンのある暮しの豊かさを共有していきたいと考えています。

『BREAK/BREAD』
今回のテーマは少し慣れない言葉かもしれませんが、
‘BREAK’には休憩という意味が、
そして‘BREAK BREAD’には分かち合うという意味があります。

パンを作る人、食べる人、贈る人、学ぶ人、
様々な立場や想いを持った人たちが、パンを巡って集う世田谷パン祭り。
三宿通りや世田谷公園を会場として、
多くの人で賑わういつものイベントはちょっとお休みして、
全てのコンテンツをオンラインで実施します。

たくさんの人と実際に会うことが難しい時だからこそ、
規模は小さくとも、それぞれの持っている知恵や技術、想いなどを共有し、
多くの人へと繋いでいく架け橋となるために、
いつもとは少し違ったかたちで、開催することにしました。

この10年目の小休止はわたしたちにとって、
パンとじっくり向き合い、
パンのある暮しや、パンの可能性を再認識するための、 絶好の機会ではないでしょうか。

いまは少し立ち止まって、
それぞれが持っているものを分かち合うことで、
パンへの愛と情熱をさらに深めていきたい。
そして近い将来、世田谷で会えることを願って。

世田谷パン祭り ロゴ

「世田谷パン祭り」は、毎年世田谷で開催する "パンを楽しむお祭り" です。2011年にはじまり、今年で10周年、10回目となる今回、年内のリアルイベント開催は見送り、オンラインで開催することになりました。

はじめてのオンライン「世田谷パン祭り2020」は、パンを作る人、食べる人、贈る人、学ぶ人…パンを愛する人たちが、どこからでも自由に集うことができる場所になります。

オンラインでも、世田谷はもちろん全国から美味しいパン屋さんとパンのおとものお店が出店する『パンマーケット』、パンを学び楽しむことができる『世田谷パン大学』を実施します。パン屋さんがこの日のためにつくる限定の『三宿三色パン』や『世田谷パン祭り2020 限定パン』の販売、そのほか、はじめてみなさんにお披露目する企画もご用意しています。

いまだから「世田谷パン祭り」にできること。それは、パンの美味しさや楽しさを伝えること、パンとパンを愛するみなさんをつなぎ続けること。そして、それらを通して、日々の暮しの中にある豊かさや楽しみ、食べることの大切さを、多くの人と共有することだと考えました。

10周年というひとつの区切りの年。離れていてもたくさんのみなさんとパンを分かちあえる、あたらしい楽しさを提供できたらと思っています。

開催概要

名称
世田谷パン祭り2020 Setagaya Bread Festival 2020
オンライン
マーケット
2020年11月上旬 〜 2020年12月15日(火)
※マーケット開始日は、決定次第こちらのサイトやSNSでお知らせします。
イベント
2020年11月14日(土)〜 16日(月) 11:00‐17:00で実施予定
会場
オンライン会場 http://setagaya-panmatsuri.com
主催
世田谷パン祭り実行委員会
お問い合せ先
世田谷パン祭り事務局
イベントに関するお問い合せ先:
下田(しもだ) 
取材などに関するメディア関係者お問い合せ先:
広報担当:寒河江(さがえ) 

後援(予定):世田谷区、世田谷区商店街連合会、世田谷区産業振興公社  協力:三宿四二〇商店会、池尻地区町会連絡会、日赤池尻分団、食糧学院、IID 世田谷ものづくり学校、昭和女子大学(鶴田・粕谷研究室)  企画運営:日本パンコーディネーター協会 、Wonder for Bridge.LLC、株式会社PORT、E-グラフィックスコミュニケーションズ株式会社、PR SHIP  主催:世田谷パン祭り実行委員会